〜ちょうちん祭り〜

  毎年この時期になると、ちょうちん作りが私の仕事の大半をしめます。
ひとつひとつ心をこめて、もちろん、子どもたちにも、手伝ってもらいながら、
ちょうちんを作っていきます。中には、手伝いをせず、じっと私の手先をな
がめている子もいます。しかし、その場合、その子は何もしていないのでは
ないのです。全感覚を研ぎ澄ませて、私のやっている行動を取り入れてい
るのです。子どもの内面世界、つまり心や感情の発達の領域に対しては、
私たち大人は、最大の気遣いと注意力を向けなければなりません。環境
の雰囲気を作り上げるのは、私たちの考えや感情なのです。
                       (うめの実だより23号p.3より)

HOMEへ