〜誕生日会〜

  シュタイナーの考えでは、子どもはその両親を選んで、また約束してこの世に生まれてくるといわれています。この事に思いを寄せたとき、私たちは子どもの存在がどんなに尊くありがたいものであるかということを感じずにはいられません。生命の誕生に出会う際に、子どもの魂が天界から送られてきたことを信じている大人が周囲にいることだけでも、その子どもにとってこれ以上の幸せないのです。          
                    (うめの実だより21号p.2より)


HOMEへ